大分 PCR検査「前倒し」を要望 22日にホームで名古屋と対戦、選手の健康状態確認へ

[ 2020年7月28日 05:30 ]

22日に名古屋と対戦した大分イレブン
Photo By 共同

 大分が、次回31日に予定されているJリーグのPCR検査の「前倒し」を要望していることが分かった。

 22日にホームで名古屋と対戦後、名古屋の選手、スタッフから新型コロナウイルスの陽性者3人が確認された。保健所の見解では大分の選手、スタッフは濃厚接触に当たらないとの判断を受けたが、8月1日にも鹿島戦が控え、一刻も早く安全と選手の健康を確認したい考えという。Jリーグ側も今回は特例として可能ならば準備を進める見通し。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月28日のニュース