川崎F・憲剛、8月中の復帰目指す 昨秋左膝負傷リハビリ中

[ 2020年7月15日 05:30 ]

川崎Fの元日本代表MF中村憲剛。14日にオンライン取材対応。昨年末の左膝の手術から8月中の復帰を目指す
Photo By スポニチ

 左膝の負傷で長期離脱中の川崎Fの元日本代表MF中村憲剛(39)が14日、8月中にも復帰できる見通しを示した。この日、オンラインで取材に対応。今月4日からチーム練習に部分合流しており、「8月中に試合に戻れればいいな、というイメージではいます」と現状を報告した。

 中村は昨年11月2日の広島戦で左膝を負傷。左膝前十字じん帯および左膝外側半月板の損傷で、同25日に手術を受け、全治約7カ月と診断されていた。術後は順調にリハビリをこなしてきたが、3月に入って患部に痛みが出たという。コロナ禍による自粛期間中は「外にも出られず、先も見えずという感じだった」と精神的にもつらい時期を過ごした。

 それでも懸命なリハビリで徐々に回復し「1~2カ月前よりは先が見えている。楽しみ」と明るい表情を浮かべた。過密日程の今季。順調なら暑さが増す8月にチーム一熱い、頼れる背番号14がピッチに帰ってくる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月15日のニュース