J2東京V 今季初勝利、井上が2発「素直にうれしい。個人の力でなくチームの努力」

[ 2020年7月15日 22:25 ]

明治安田生命J2第5節   東京V4ー2甲府 ( 2020年7月15日    味スタ )

 J2東京Vが井上潮音(22)の2得点などで今季初勝利をあげた。

 前半37分に井出の縦パスからGKと1対1になり、冷静にゴール。同点とされた後半13分にも小池のクロスをゴール前で合わせて勝ち越した。「1点目はその前に同じ形でアウトで外したが、今度はインサイドで決められた。2点目はチームが狙っている形。2得点は素直にうれしいし、周りがびっくりしている。個人の力でなくチームみんなの努力」と振り返った。

 11日の大宮戦では先発したものの前半で交代させられてロッカーで涙を流した。それを見た永井監督が「絶対に次はやってくれると思った」と予感していたほど。才能はだれもが求め、ロティーナ前監督は「日本のメッシ」と評価していたが、永井監督は「イニエスタかな」と、覚醒を高く評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月15日のニュース