ウエスカ岡崎 途中出場も見せ場なし…デポル柴崎との“日本人ダービー”に敗れる

[ 2020年7月7日 05:30 ]

スペイン2部   ウエスカ1―2デポルティボ ( 2020年7月5日 )

試合前、あいさつするデポルティボの柴崎(左)とウエスカの岡崎
Photo By 共同

 ウエスカのFW岡崎は、“日本人ダービー”で手痛い逆転負けを喫した。

 先発したデポルティボMF柴崎が後半13分に退いた後、1―2の同23分にピッチに立った。前節で今季10点目を決め「自分のゴールも増やしていかないといけない」と話していた34歳のストライカーは、FKを獲得するなど持ち前の泥くさいプレーを見せたが、好機は得られず。昇格に前進させることができず、敗戦が決まると重い足取りで引き揚げた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月7日のニュース