柏MF仲間「成長した姿を見せたい」 ユース時代の恩師、横浜FC・下平監督へ恩返し誓う

[ 2020年7月6日 16:59 ]

 J1柏のMF仲間隼斗が、“師弟対決”に闘志を燃やした。チームは6日、次節8日のホーム横浜FC戦に向けて千葉・柏市内で調整。柏ユース時代に相手の下平隆宏監督(48)から指導を受けてきた28歳は「下さん(下平監督)の前で成長した姿を見せたい。相手を苦しめるプレーがしたい」と意気込んだ。

 下平監督がU18監督に就任した2010年に、クラブ選手権で準優勝に貢献。高校卒業後に熊本、讃岐、岡山でプレーし、今季10年ぶりに古巣のユニホームに袖を通した。前節4日のFC東京戦では0―1の後半33分から途中出場。退場者を出して数的不利という難しい展開からでも、果敢に攻めて存在感を示した。

 開幕戦ではメンバー外もコロナ禍での中断期間の猛アピールが、ネルシーニョ監督の目に留まり、ベンチ入りを勝ち取った。次節はMFヒシャルジソンが出場停止のため、先発出場の可能性もある仲間は言った。「下さんからは球際、勝利への執念を植え込まれた。今でも自分の中で生きている」。昨季J2・15得点の点取り屋が、恩師に勝利で恩返しする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月6日のニュース