7月中旬、JFA夢フィールドに「幕張温泉 湯楽の里」オープン!高濃度炭酸泉を導入

[ 2020年7月6日 15:45 ]

 日本協会は6日、JFA夢フィールドが立地する千葉市の幕張海浜公園内に「JFA 夢フィールド 幕張温泉 湯楽の里」が7月中旬にオープすると発表した。同施設はJFAと株式会社スパサンフジ(代表取締役社長、末吉糧)が共同で運営するもので「スポーツリラクゼーション」をコンセプトとした温浴施設となる。

 ランニングステーションとして利用できるほか、スポーツストレッチやヨガ教室などが楽しめる予定の多目的ルームも完備。露天風呂には地下2000メートルからくみ出した天然温泉を使用し、ドイツの医療分野でも利用されている炭酸泉を高濃度で再現した高濃度炭酸泉を導入する。露天風呂からは東京湾を一望する雄大な景色も楽しめるという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月6日のニュース