横浜FC下平監督 大卒新人DF星に「海外に行ってもおかしくないポテンシャル」

[ 2020年7月6日 15:35 ]

オンライン取材に応じる横浜FCの下平監督

 横浜FCの下平隆宏監督(48)が6日、オンライン取材に応じ、古巣と激突する8日のアウェー柏戦へ、特別な思いを口にした。現役時代に長くプレーし、16~18年途中までは監督も務めた。「やはり特別なクラブ。他のゲームと比べて違う思いはある。(無観客のため)サポーターはいませんが、“自分が横浜FCでやってるよ”というとこは見せつけたい」と話した。

 再開初戦となった4日の札幌戦では1―2で敗れたものの、新たに3バック布陣で臨み、大卒新人のDF星キョーワン(23)をJ1デビューさせるなど若手も積極起用。「3バックは一定の手応えはつかめた。若手は伸びしろの部分で期待している。星はJ1のトップクラスの外国人を相手にして感じるものがあると思う。海外に行ってもおかしくないポテンシャルを秘めている。経験させて伸ばしていきたい」と話していた。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年7月6日のニュース