ポルティモネンセ権田 痛恨失点で再開後初の黒星…チームに降格危機迫る

[ 2020年7月6日 05:30 ]

ポルトガル1部   ポルティモネンセ0―1ギマラインス ( 2020年7月4日 )

 ポルティモネンセがリーグ戦再開後、6戦目で初黒星。チームが優勢に試合を進め、GK権田は守備機会がほとんどなかったが、一瞬の隙を突かれた。

 0―0で迎えた後半22分、相手選手がゴール前中央でヘディングシュート。権田は懸命にセーブを試みたが、ゴール左隅の絶好のコースに飛んだボールに触ることができなかった。チームは依然、降格圏にとどまる。残り4試合で1部残留を懸けた戦いが続く。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月6日のニュース