興梠 “得意”の仙台戦で浦和通算100号だ!J1通算150点にもあと2点

[ 2020年7月6日 05:30 ]

浦和FW興梠が仙台戦に向け調整
Photo By スポニチ

 レッズ通算100得点に王手をかけている浦和のFW興梠慎三(33)が得意の仙台戦(8日、ユアスタ)でメモリアル弾を決める。再開初戦となった前日の横浜戦は75分間プレー。この日はリカバリー中心に調整し、早速、中3日で迎えるアウェー戦に備えた。

 浦和に加入した13年以降、仙台戦は14戦15発、クラブ別でも2位の清水戦(10点)を大きく離す。昨年7月6日、浦和でのJ1通算最多得点(福田正博=91点)を更新し“新ミスターレッズ”を襲名したのも仙台戦だ。

 約4カ月間の中断を経て過密日程を迎える今季。「こういう状況でも2桁得点するのが真のエース」と話す。J1通算150点にもあと2点。“お得意さま”相手にダブルでの大台突破も期待される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年7月6日のニュース