名古屋 G大阪DF呉宰碩獲りへ すでに正式オファーを提示

[ 2020年6月25日 02:00 ]

呉宰碩(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 名古屋がG大阪の元韓国代表DF呉宰碩(オジェソク、30)獲りに乗り出していることが24日、分かった。関係者によると、すでに正式オファーを提示。移籍交渉は大詰めとみられる。

 名古屋は元日本代表DF太田やDF吉田ら実力者をそろえるが、太田は復帰したばかりで右サイドを主戦場とするDF宮原も故障を抱えており、20日の練習試合J3岐阜戦は2年目19歳のDF成瀬が務めていた。新型コロナウイルスの影響で過密スケジュールとなる今季を乗り切るために層を厚くする方針で、左右両サイドを高いレベルでこなせる元韓国代表に狙いを定めた。呉宰碩は今季リーグ開幕・横浜戦にフル出場し、チームの9年ぶり開幕勝利に貢献した。

 当初、今夏の移籍市場(第2登録期間)は7月17日からだったが、7月31日からに変更。名古屋への移籍が成立すれば、呉宰碩は8月1日のホーム柏戦から出場可能になる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年6月25日のニュース