ベルギー1部シントトロイデン、中村獲りへ 既に正式オファー

[ 2020年6月25日 05:30 ]

中村敬斗
Photo By スポニチ

 ベルギー1部シントトロイデンが、G大阪からオランダ1部トウェンテに期限付き移籍中のU―20日本代表FW中村敬斗(19)の獲得に乗り出していることが24日までに分かった。関係者によれば既に正式オファーを出しており、再び期限付きでの移籍が濃厚という。

 中村は昨年7月、G大阪から2年間の期限付きで欧州に初挑戦。名門PSVアイントホーフェンとの開幕戦でデビュー弾を決めるなど、公式戦18試合で6得点を決めた。ただコロナ禍の影響でクラブが財政難に陥り、コストが高い中村のようなEU圏外選手が人件費削減の対象に。今季限りでの退団が確実な情勢で、日本企業のDMMグループが経営するシントトロイデンが獲得に名乗りを上げた。

 G大阪も中村本人の意思を尊重する方針。東京五輪代表候補にも挙がるホープは来季、日本代表GKシュミットほか日本人が多数所属するチームで欧州2年目のシーズンに臨むことになりそうだ。

 ◆中村 敬斗(なかむら・けいと)2000年(平12)7月28日生まれ、千葉県我孫子市出身の19歳。三菱養和ユース所属の17年にU―17W杯に出場しホンジュラス戦の3ゴールを含む4得点。18年にG大阪入り。19年7月に2年の期限付きでトウェンテに移籍し開幕戦でデビュー弾。18年3月にU―21日本代表に初招集され19年U―20W杯にも出場した。1メートル80、75キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月25日のニュース