バルサ 19歳ブレシアMFトナーリ獲得へ!ブスケツ後継&“新たなイニエスタ”として白羽の矢

[ 2020年4月24日 02:35 ]

イタリア1部ブレシアのMFトナーリ(AP)
Photo By スポニチ

 スペイン1部バルセロナがイタリアサッカー界の“新たな宝石”ブレシア所属のMFサンドロ・トナーリ(19)獲得へ6000万ユーロ(約69億8700万円)を準備したとイタリア紙コリエーレ・デラ・セラ(電子版)が23日に報じた。さらにバルセロナは500万~700万ユーロ(約5億8200~8億1500万円)の評価を得ている2選手(左SBとセントラルMF)をブレシアに期限付き移籍で放出するという。

 同紙は弱冠19歳のMFが今季セリエAのスタジアムでファンを魅了し、多くの人が元イタリア代表MFアンドレア・ピルロに似ていると高く評価していると紹介。かつてACミランやユベントスで活躍した「マエストロ」を彷彿とさせるスタイル、テクニック、プレー時間、戦術的な知性を持っており、バルセロナはMFブスケツの後継としてだけでなく“新しいイニエスタ”になれる可能性もあると評価していると伝えた。

 続けて同紙はブレシアのマッシモ・チェッリーノ会長が「2月に私はサンドロのための非常に重要なオファーを受けたが、あえて私は彼に何も言わなかった。6月に素敵なサプライズを与えることを意図していた」と最近になってコメントしたと報じ、このチームがバルセロナだったのではと予想した。

 ただインテル・ミラノやユベントス、パリSGなどもこの有望な若手選手の獲得を諦めておらず、新型コロナによる経済危機であってもハードな入札になる可能性があると伝えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月23日のニュース