Jリーグ・村井チェアマン 無観客開催は「選択オプションとして準備」

[ 2020年4月23日 17:40 ]

Jリーグの村井満チェアマン
Photo By スポニチ

 Jリーグの実行委員会が開催され、村井満チェアマン(60)がウェブ上の記者会見に出席した。午前中のNPBと合同の第6回新型コロナウイルス対策連絡会議で議題に挙がった再開後の無観客開催について「一つの選択オプションとして加えて準備していこうと申し合わせた」と話した。

 また、Jリーグは現在6、7、8月と3パターンの再開案を検討しているが、「現時点ではリーグ戦に関しては、7月再開、8月でも全試合ある程度はできる」との見通しも明かした。

 一方で、仮に一定の試合数が消化できなくなった場合は、スポンサー企業に対する税制上の配慮を政府に要請する方針も共有。「スポンサー企業がクラブの復旧を支援するという名目で広告費の減額相当分をクラブに寄付してくれた場合は、寄付扱いとして税制上スポンサー企業に税負担が発生することがないように」とし、「全額が損金計上できるような働きかけを我々としては税当局、政府に働きかける努力を重ねていく」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月23日のニュース