浦和の西川、宇賀神、武藤がオンライン上でSTAY HOME企画「選手とお昼トーク」開催

[ 2020年4月23日 18:00 ]

浦和が行ったオンライントーク企画(レッズ提供)
Photo By 提供写真

 浦和は23日、STAY HOME企画「選手とお昼トーク!」を実施した。新型コロナウイルス禍の影響で学校の休校、外出自粛が続く中、主将のGK西川周作(33)がクラブ内ミーティングに参加しながら、同企画は立案された。ビデオ会議システムを通じ、子供たち(REX CLUB会員の小学6年生以下)を対象に選手とトークできるという内容で西川の他、DF宇賀神友弥(32)、FW武藤雄樹(31)が出席。7組10人の子供、保護者が参加した。

 西川は「こういう時期だからこそファン・サポーターの方々と何かできればということでやらせていただきました。実際に顔を見て話しをして僕たちが元気をもらいました。参加してもらった子供たちも同じ気持ちだったらうれしいなと思います。あっという間の時間でした、楽しかったです!」

 宇賀神は「この方法を使うと背景を変えて遊んだりできますし、本当にトークショーをしている感覚で楽しかったです。今後は大人向けの企画などもしていければと思っています」

 武藤は「楽しかったです!いつもたくさんの子供たちやいろいろな方に支えられているのでこういうときにこそ、僕たちが力を与えられるようにしたいと思っています。またこういう機会があればぜひ参加したいです」。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月23日のニュース