C大阪・清武主将 チーム活動休止に「今できることをしっかりとしてきたい」

[ 2020年4月9日 18:20 ]

 C大阪は9日、トップチームとU―23チームの活動を無期限で休止することを発表し、主将を務める元日本代表MF清武弘嗣(30)は「今できることをしっかりとしていきたい」などとコメントした。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止、そして緊急事態宣言が発令されたことを受け、11日に再開予定だった練習日程を再調整。当面の間、チームの活動を休止することになった。

 チームの先頭に立つ主将の清武は、以下のようにコメントした。

 「セレッソ大阪も緊急事態宣言を受けて、活動休止することになりました。今は、自分、そして大切な人、そして周りの人達を守る行動を心がけ、今できることをしっかりとしてきたいと思います。コロナウィルス感染症が早く収束することを願い、Jリーグが再開する時まで我慢強くみんなで頑張っていきます!!」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月9日のニュース