湘南・鈴木 インスタライブで交流 サッカー選手じゃなかったら…

[ 2020年4月9日 13:53 ]

湘南ベルマーレ公式インスタグラムより

 東京五輪世代の湘南のMF鈴木冬一(19)が9日、クラブの公式インスタグラムのインスタライブに出演した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で自宅待機中の鈴木は、近況について「暇です」とした上で、自宅でのオススメの過ごし方について「食べて寝て、食べて寝てが一番良いと思います」と話した。

 約30分にわたった配信では、あらかじめ用意された質問や視聴者からの疑問に回答。「(恋愛は)追いかけるタイプ」や「(異性に求める絶対条件は)はっきりと言う人」などプライベートに関する質問に率直に答えた。また、結婚願望についても「あります」と即答。「なるべく早く、22歳とかで。子どもは2、3人ほしい」と話した。

 また、サッカー選手になっていなかった場合になりたかったのは「保育士。ちっちゃい子がめっちゃ好き。周りの年上に子どもが生まれた人も増えてきて、より子どもとふれあう機会が増えた。中学校の職業体験も保育園に行った」と明かした。

 同配信はファン・サポーターと交流する人気企画を再開催したもの。先月23日から2週間にわたり実施され、ファン・サポーターの声に推される形で復活した。週2回ほど実施する予定となっており、、次回の11日はDF大野和成(30)が登場する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月9日のニュース