ザッケローニ氏、連帯の呼び掛け “第二の故郷”日本の国民性に敬意も

[ 2020年4月9日 05:30 ]

ザッケローニ氏
Photo By スポニチ

 サッカー元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏(67)が8日、日本サッカー協会を通じて連帯のメッセージを寄せた。

 新型コロナウイルスで母国のイタリアで多数の死者が出ているが「家にとどまる努力を続けた結果、少しずつ光が見えてきている」と希望も記し、「第二の故郷である日本には困難に打ち勝つために自己犠牲を払い、他人を思いやって行動できる多くの人たちがいることを知っています」と日本の国民性に敬意を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月9日のニュース