オランダL6・19再開検討 PSV堂安ら多くの日本人所属

[ 2020年4月9日 05:30 ]

PSVの日本代表MF堂安律
Photo By スポニチ

 オランダリーグと同国協会は7日、1部、2部リーグを6月19日に再開し、7月最終週までに全日程を終了する案を検討していることを発表した。欧州では各国リーグが中断中。再開が決まれば、欧州の主要リーグでは初となる。

 複数地元紙によれば再開時は無観客が濃厚。同リーグでは日本代表MF堂安(PSV)、U―23日本代表DF中山(ズウォレ)、同DF菅原(AZ)ら多くの日本人もプレー。主要クラブは隣国ベルギーのようにシーズン打ち切りを要望していたが、リーグ側は政府やオランダ国立公衆衛生環境研究所などの助言も受けながら再開を模索するという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年4月9日のニュース