マルセイユ酒井、交代後に逆転勝利 胸中複雑も「チームが勝つことが全て」

[ 2020年2月18日 05:30 ]

フランス1部   マルセイユ2―1リール ( 2020年2月16日 )

<マルセイユ・リール>前半、競り合うマルセイユ酒井(右)
Photo By 共同

 マルセイユDF酒井は1点を追う後半19分に最初の交代枠で退いた。DFに代えてFWを投入したビラスボアス監督の采配が的中し、チームは2点を奪って逆転勝ち。酒井は「複雑な気持ち。(交代の意図は)分かってはいるが、個人的にはサイドバックが途中で代えられるのは良くないこと」と率直に語った。ここ数試合、出場時間が減っているDFは「しょうがない。チームが勝つことが全て」と自らに言い聞かせた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月18日のニュース