川崎F 連覇へ5発快勝発進 レアンドロ・ダミアン先制弾 4―3―3新布陣に自信

[ 2020年2月17日 05:30 ]

ルヴァン杯1次リーグA組第1節   川崎F5-1清水 ( 2020年2月16日    等々力 )

FWレアンドロ・ダミアン
Photo By スポニチ

 川崎Fが連覇へ好発進した。4―3―3の新布陣で臨み、長谷川&小林が2発決めるなど5得点。導入から1カ月で課題も浮き彫りとなったものの、鬼木監督は「合宿からやってきたことを前面に押し出してやってくれた」と一定の評価を与えた。

 昨季はルヴァン杯制覇もリーグ戦は4位。3連覇を逃した。その一番の要因がホームでの引き分けの多さ。自陣に引いた相手をなかなか崩せず、9分けだった。そこで「新たな挑戦」と導入したのが、ゴール前により人数をかけ、ハイプレスからの速攻を仕掛けやすい新システムだ。前半10分の先制点も前線でボールを奪い速攻からFWレアンドロ・ダミアンが今季初ゴール。いきなり威力を発揮した。

 ただ、後半は相手にボールを支配される時間帯もあり、小林は「(前からのプレッシャーは)全部は体力的にもいけない。落ち着かせる時間帯も必要」と課題を口に。今後新布陣にさらに磨きをかけ、ルヴァン杯連覇&リーグ王者奪回を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月17日のニュース