広島・森島が2点演出 先制弾お膳立て&鮮やかスルーパス「リーグ戦でもしっかり活躍を」

[ 2020年2月17日 05:30 ]

ルヴァン杯1次リーグC組第1節   広島2-0横浜FC ( 2020年2月16日    ニッパツ )

<横浜FC・広島>前半、ドリブルで攻め込む広島・森島(中央)
Photo By 共同

 東京五輪を目指す広島のU―23日本代表MF森島が、2点に絡む活躍で今季最初の公式戦を快勝に導いた。

 前半25分には左クロスから先制弾をお膳立て。後半2分には鮮やかなスルーパスで2点目をアシストした。

 今季から背番号10を背負う。「1点目はいい形で取れた。得点に絡めて良かった。リーグ戦でもしっかり活躍したい。東京五輪に選ばれるには結果だと思う」と決意を新たにしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月17日のニュース