鹿島、高卒新人2人デビュー 荒木は縦で連係&松村わずか9分で一発退場

[ 2020年2月17日 05:30 ]

ルヴァン杯1次リーグA組第1節   鹿島0-1名古屋 ( 2020年2月16日    パロ瑞穂 )

(左から)鹿島の松村、荒木
Photo By スポニチ

 鹿島の高卒ルーキーのMF荒木、MF松村がプロデビューを果たしたが、今季公式戦初勝利はお預けとなった。

 荒木は後半21分から右サイドハーフで途中出場。縦関係だったDF広瀬との連係からチャンスをつくるも得点には結びつかず、「ゴール前でのプレーの質をもう1段階上げていかないと」と悔しがった。

 松村は後半36分から出場したが、同45分に相手GKへのスライディングが危険なプレーとみなされ一発退場。デビュー戦はわずか9分間で幕を閉じた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月17日のニュース