カズ直談判通った!横浜FC本拠ニッパツに屋根設置へ 横浜市長「やらせていただきます」

[ 2020年2月13日 05:30 ]

横浜市役所を表敬訪問した横浜FCのカズ(中央)
Photo By スポニチ

 カズの要望に横浜市が動いた!今季13年ぶりにJ1で戦う横浜FCが12日、横浜市役所を表敬訪問した。待っていたのはビッグなサプライズだ。冒頭、林文子市長は「昨年末、カズさんから話がありましたが、(ニッパツ)三ツ沢球技場の屋根、やらせていただきます」と明言したのだ。

 実は昨年12月、J1昇格の報告で訪れた際、カズは「雨の日はサポーターがびしょ濡れになってしまう。そこも協力していただければ」と要望していた。林市長の動きは早く早速、20年度予算に組み込むことを明かせば、横山正人市会議長も「本日集まった議員は過半数を超えています。議案は通ると確信しています」と続いた。

 市が所有する同球技場観客席の上は360度、屋根がない。まずはホームスタンド側の設置を目指すことになりそうだ。16日には同球技場でルヴァン杯(対広島)が開幕する。「チームも順調。いい形で迎えられれば」とカズ。近い将来、雨の日も濡れることなく、カズダンスを拝める日がやって来そうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年2月13日のニュース