元なでしこ36歳FW大野が引退会見 今後進むのは「指導者の道」

[ 2020年2月13日 05:30 ]

引退会見に臨んだ元なでしこジャパンFW大野忍
Photo By スポニチ

 昨季限りでの現役引退を発表した元なでしこジャパン代表FW大野忍(36)が12日、都内で会見に臨んだ。引退を意識したのは昨年10月頃で、去就を相談した澤穂希さん、宮間あやさんには「続けた方がいい」と現役続行を求められたが、「選手だけど指導者目線になっている自分がいて、その葛藤と戦っていた。選手兼コーチではなく、やるなら辞めて指導者の道を行こうと」と決断に至った理由を説明した。

 今年1月には日本協会公認B級コーチライセンスを取得。複数のサッカースクールからコーチ就任の打診も届いているといい、「メンタルの強さ、礼儀もちゃんとできる選手を育てたい」と意気込む。将来のなでしこジャパン監督就任については「今のところはないが、関われるなら関わりたい」と青写真を描いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月13日のニュース