清水・DF岡崎慎 東京“凱旋”目指して新天地でボランチ挑戦

[ 2020年2月2日 09:00 ]

2020・J1 東京五輪世代注目の男(2)

清水の岡崎
Photo By スポニチ

 成長を遂げて“Uターン”を狙う。FC東京から期限付きで加入したU―23日本代表DF岡崎慎(21)は今オフ、中学1年からプロ3年目までを過ごした愛着あるクラブを離れる決断を下した。理由は自身の殻を破るため。FC東京では元日本代表DF森重らの壁は厚く、17年のトップ昇格から昨季までリーグ戦の出場は12試合にとどまった。

 「プロになって3年間で結果を出すことができなければ、クラブにはいられないと思っていた」と武者修行を決断。目標である五輪出場を果たすための移籍という見方をされることが多いが「五輪だけを考えれば、恩返しの意味でも中学から育ててもらったFC東京から出る方が良い」。あくまで選手としての階段を上がるために環境を変えた。

 1月のU―23アジア選手権(タイ)に出場したため、清水へは始動2日後の先月17日に合流。持ち味の足元の技術を生かし、昨季J1王者の横浜でヘッドコーチを務めたクラモフスキー新監督の掲げる攻撃的サッカーへの適応に励む。本職の最終ラインだけでなくボランチでも起用されており、挑戦の日々だ。「ほぼ経験のないポジションで難しいことも多い。自分の色を出しながら成長につなげたい」と意気込む。

 今季は「シーズン通じて90分間試合に出ること」が目標。清水で主力の地位を確立すれば自然と夏の祭典のピッチに近づく。「五輪は目指さなければいけない場所。そのためにもサポーターに“良い選手を獲ったな”と思ってもらえるように頑張りたい」。半年後に日の丸を背負って「東京」に舞い戻るため、新天地で名をはせる。 

 ◆岡崎 慎(おかざき・まこと)1998年(平10)10月10日生まれ、東京都北区出身の21歳。小1時にコアラSCでサッカーを始める。FC東京U―15深川から同U―18に進み、高3年夏に日本クラブユース選手権(U―18)大会優勝。17年にトップ昇格、18年3月の湘南戦でJ1デビュー。同年7月の横浜戦でリーグ初得点をマーク。U―16から同23まで世代別の代表経験があり、昨年6月にはU―22日本代表の一員としてトゥーロン国際(フランス)準優勝に貢献した。1メートル81、74キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月2日のニュース