大久保嘉人 練習試合で東京Vデビュー、前線を縦横無尽「思ったより動けた。楽しみ」

[ 2020年1月19日 18:32 ]

<東京V・国士舘大>前半、積極的に動く大久保(右) (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東京Vの大久保嘉人(37)が19日、ヴェルディグラウンドで行われた国士舘大との練習試合に先発し、東京Vデビューを飾った。FWで前半45分間出場、前線を縦横無尽に走ってシュート2本。ゴールは決められなかったが「思ったより動けた。これだけ早い時期に試合をすることはなかった。楽しみ」と振り返った。試合は1-0で東京Vが勝った。

 昨年は磐田で1得点に終わったが、「今までで一番シュートを打ってないし、サッカーしている感覚がなかった。思い出しているところで、川崎Fと同じでボールが来る。みんな共通理解ができているし、この時期でこれぐらいやれているので楽しみ」と、笑顔を見せた。

 連日の午前午後の2部練習でコンデションも良さそう。「けっこう来ている。これぐらい落とし込まないと。このサッカーでJ1に上がりたいし、やりがいある」と、前向きだ。サポーターも約1500人が観戦、名門復活の足がかりとなりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月19日のニュース