田嶋会長 森保監督と電話会談 改めて兼任を支持「危機だとは思ってない」

[ 2020年1月19日 05:30 ]

日本サッカー協会の田嶋会長
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会の田嶋会長は18日、山形県内で講演後に取材に応じ、U―23日本代表、A代表を兼任する森保監督と17日に電話会談したことを明かした。

 U―23アジア選手権は1次リーグ敗退となったが「まずは休んでほしい」とねぎらい、今月中にも直接会談する予定。去就問題が浮上する中「(現状を)危機だとは思っていない。しっかり応援し、戦い抜きたい」と改めて兼任を支持。3月にはW杯予選とU―23代表の強化試合が続くが、森保監督はまずW杯予選に全力を注ぎ、その上で五輪世代のOA枠候補や欧州組の招集もサポートする姿勢を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月19日のニュース