神戸ポドルスキ退団…大幅減俸受け入れず トルコ1部L完全移籍へ

[ 2020年1月19日 05:30 ]

神戸・ポドルスキ
Photo By スポニチ

 神戸は18日、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(34)が契約満了に伴い、退団すると発表した。17年7月に鳴り物入りで加入。現行の契約が昨季限りで満了となっていた中、推定年俸6億円からの大幅な減俸による契約延長を提示され、それを受け入れることなく退団することが正式に決まった。

 約2年半にわたって背番号10を背負ったポドルスキは、ケガや病気による長期離脱もありながら、元日の天皇杯決勝では先発出場を果たしクラブ史上初のタイトル獲得に貢献。「神戸に来た最初の日からタイトルをともに獲った国立での最後の日まで、神戸サポーターといつも最高の関係を築くことができました。サポーターの皆さまの気持ちは常に伝わっていましたし、一生忘れません」などとコメントした。

 注目される去就に関しては、トルコ1部アンタルヤスポルに完全移籍で加入すると欧州メディアなどで報じられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月19日のニュース