田嶋会長 21年新設女子プロリーグの秋春制導入明言

[ 2020年1月19日 05:30 ]

 日本サッカー協会の田嶋会長は21年に新設される女子プロリーグについて「21年の8月から始まる」と明かし、日本サッカー界で初めて「秋春制」を導入することを改めて明言した。

 既に設立準備室が設置され、年俸460万円以上の契約を5人以上、プロ契約を10人以上とするなどの加盟条件に沿い、参加希望クラブへのヒアリングも進んでいる。女子リーグで秋春制が成功すれば、議論が止まっているJリーグにも影響を及ぼしそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月19日のニュース