J2福岡 来季新監督に長谷部茂利氏就任へ!今季J2水戸を“過去最高”7位に導く

[ 2019年11月25日 05:31 ]

J2水戸の長谷部監督
Photo By スポニチ

 今季16位に低迷したJ2福岡の来季の新監督に、J2水戸の現監督、長谷部茂利氏(48)が就任することが分かった。

 現役時代はMFとしてヴェルディ川崎や神戸などで活躍した長谷部氏は、03年の引退後、古巣の神戸などでコーチを務め、16年、コーチを務めていた千葉でシーズン途中の解任となった関口隆監督の後を受け、監督に就任した。

 18年から水戸の監督を務め、前線から仕掛ける守備を軸とする戦術が浸透した今季は、42試合で許した得点が37でリーグ2位の少なさ。安定した堅い守備を武器に勝ち点を重ね、今季、クラブ史上最高となる7位に導いた。

 06年、11年、16年と5年周期でJ1で戦ってきた福岡にとって、来季20年シーズンはJ1昇格がかかったジンクスの年。下位に沈んだチームを立て直し、一気にJ1昇格までかけあがれるか、長谷部監督の手腕に期待が集まる。

 鈴木健仁強化部長(48)が今季で退任、来季は大分で監督を務めた経験もある柳田伸明氏(48)が強化を担当する。

 ◆長谷部 茂利(はせべ・しげとし)1971年(昭46)4月23日、横浜市出身の48歳。現役時代はMF。桐蔭学園で1989年国体準優勝、選手権ベスト8。中大で92年選手権優勝。94年にV川崎に入団し、川崎F、神戸、市原でプレーし、2003年に現役引退。神戸などでのコーチを経て、16年7月にJ2千葉の監督に就任。18、19年はJ2水戸を指揮。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月25日のニュース