J3長野 トップチーム所属14選手が避難所で一夜明かす 人的被害なしも練習場は水没

[ 2019年10月13日 15:45 ]

 サッカーJ3の長野パルセイロは13日、クラブの公式サイトで台風19号の影響について発表し、トップチーム所属の14選手が避難所で一夜を明かしたことを報告した。別の場所に避難したレディースチームの1選手を含め、選手、スタッフに外傷などの人的被害はないという。

 だが、練習場の「千曲川リバーフロントスポーツガーデン」グラウンドが水没したため当面の間、使用不可に。練習場所の確保が確約できないため、今後1週間、練習はすべて非公開にすることも発表している。14日に予定していたトップチームの練習試合も中止する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月13日のニュース