札幌 クラブ初のルヴァン杯決勝進出決める 武蔵V弾

[ 2019年10月13日 16:33 ]

<札幌・G大阪>後半31分、決勝ゴールを決めた札幌FW鈴木
Photo By スポニチ

 JリーグのYBCルヴァン杯は13日、準決勝第2戦が行われ、札幌が1―0でG大阪に勝利を収めて2戦合計2―2とし、アウェーゴールの差をもってクラブ初の決勝進出を決めた。G大阪は3年ぶりとなるチーム10冠目を懸けた決勝進出を逃した。

 札幌は後半31分、カウンター攻撃から最後はFW鈴木武蔵(25)が右足でゴール左に突き刺さるシュートを決めた。

 準決勝のもう1カード、鹿島―川崎F(カシマ)の第2戦は13日午後7時から行われる。

 YBCルヴァン杯決勝は26日に埼玉スタジアムで開催。優勝チームには賞金1億5000万円、準優勝チームには同5000万円、3位となった2チームにはそれぞれ同2000万円が贈られる。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年10月13日のニュース