湘南 リーグからの処分次第でチョウ監督に復帰要請「クビにする理由はない」

[ 2019年9月30日 05:30 ]

明治安田生命J1第27節   湘南0-6清水 ( 2019年9月29日    BMWス )

ゴール裏でサポーターと話し合いをする大野
Photo By スポニチ

 湘南は29日、平塚市内でカンファレンスを開き、約750人のサポーターに対し、パワハラ行為の疑いでチョウ貴裁(チョウキジェ)監督が指導を自粛している問題について説明した。

 真壁会長は10月上旬に裁定が下される見通しのJリーグの調査結果と処分内容次第では、チョウ監督が了承すれば「クビにする理由はない」と、監督復帰を要請する考えがあることを示した。また裁定が遅れる場合には、監督の指導自粛解除も検討するという。クラブは独自のパワハラ防止策として通報窓口の設置や、強化部の改革、全職員を対象にしたハラスメントの研修なども実施。真壁会長は「窮地をしのいで(事態が表面化した)8月11日以前に戻るようにしたい」と話した。試合後は0―6の大敗にゴール裏のサポーターと高橋コーチ、主将の大野が話し合う場面もあった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2019年9月30日のニュース