久保 華麗テクニック披露、技術遜色なし 堂々とパス要求も

[ 2019年7月13日 00:02 ]

レアル・マドリードの午前練習で競り合う久保(右)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 レアル・マドリードの日本代表MF久保建英(18)が12日、華麗なテクニックを披露した。

 久保は現在、カナダのモントリオールで合宿中のトップチームに同行中。この日も3日連続で報道陣に公開されたのは冒頭の20分だったが、1日目はランニング、2日目はパス交換と徐々に公開される内容がアップグレードされる中、この日は6対6にフリーマンをひとり加えたミニゲームが公開された。

 この日はジネディーヌ・ジダン監督(47)が選手の登録問題で不在だったが、久保はブラジルU―20代表FWロドリゴら若手中心のメンバーと同じ組に入り、まったく遜色ない技術の高さを披露。言葉の問題がないこともあり、ジェスチャーを交えて味方にパスを堂々と要求するなど順調にトレーニングを積んでいる様子だ。チームは18日までモントリオールに滞在。チーム関係者によれば最終日の17日は練習場所を米MLS所属のモントリオール・インパクトのスタジアムに移し、練習を一般公開する予定という。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年7月12日のニュース