俊輔、横浜FC完全移籍!20日から出場可、カズとの“93歳ホットライン”へ

[ 2019年7月12日 05:30 ]

三浦知良(左)と中村俊輔(右)
Photo By スポニチ

 J2横浜FCは11日、磐田の元日本代表MF中村俊輔(41)が完全移籍で加入すると発表した。新背番号は足せば「10」になる「46番」に決定し、来週にも合流予定。豪華競演の期待膨らむFW三浦知良(52)は早速、黄金の左足が繰り出すピンポイントのアシストをリクエストした。

 「俊輔」と聞き、カズが回想したのは00年アジア杯決勝、望月重良(現相模原代表)が中村のFKに合わせて決めたゴールだ。「重良は“俊輔が当ててくれた”と言ってたからね。選手の特徴によってパスの種類を分けられる。俺の頭にも当ててほしいね」。高精度パスのオーダーも、全幅の信頼を置くからこそ。競演のイメージは膨らんでいる。

 一方の中村はクラブを通じ「培った経験を生かして一つでも多くの勝利を皆さまと共有できるように頑張ります」。新天地は10~50代まで“5世代”がそろう世界でも唯一無二のクラブ。左内転筋痛の回復次第だが、中村はJ登録可となる20日の栃木戦から出場可。8月14日には天皇杯3回戦で古巣横浜とのダービーが待つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年7月12日のニュース