鹿島・安部 バルセロナ完全移籍 コンバートも視野「ただただ成長するために行く」

[ 2019年7月12日 15:37 ]

MF安部裕葵
Photo By スポニチ

 鹿島は12日、MF安部裕葵(20)が、スペインの名門バルセロナに完全移籍することでクラブ間の基本合意に達したと発表した。移籍後、当面はスペインリーグ3部所属のバルセロナBでプレーする。

 バルセロナから話が合ったのは、6月の南米選手権に出発する前だったという。安部は「驚きましたし、誰もが知っているクラブ。冷静に考えるのは難しかったが、時間が経つにつれて冷静に考えられるようになった」と振り返った。

 Bチームとはいえ、バルセロナに在籍する初めて日本人となるが、気負いはない。「自分の力を出しに行くのではなく、ただただ成長するために行く」とキッパリ。「勇気や好奇心が僕には生まれつきある」と力を込めた。

 コンバートも視野にある。鹿島ではほとんどサイドハーフで出場していたが、昨季終盤からプレー映像をチェックしてきたバルセロナ側は「それ以外にもできるんじゃないかという見方をしてくれている」という。20歳は、「僕は全然大丈夫」とサイドバックへの転向もいとわない構えだ。

 元日本代表MF本田がプロデュースするジュニアユースチーム「S.T.FOOTBALL CLUB」出身の初のプロ選手。今回、家族でちょうどバルセロナ移籍の話題について話していた時、「たまたまプライベートで」いた本田とばったり遭遇した。詳しい会話の内容は語らなかったが「同じサッカー選手としての話。“頑張れよ”、“頑張ります”という感じ」と振り返った。

 中学時代、プロの目に留まるため、高3時に全国総体開催地で1枠増える広島の瀬戸内高に単身で進学を決め、その総体で鹿島のスカウトに見初められて鹿島に入団した。当時は周囲に、「鹿島に入った後はレンタル(で放出される)だろうな」と話す人もいた。

 それでも「“試合に出られるかな”とも、“試合に出られる!”とも思わず、“自分はうまくなれる”と思っていた」という。そしてプロ3年目で10番を背負う存在になった。「“身の丈”というのは日本人らしい考え方。いい選択肢があれば、いい選択をするのが僕のやり方」。スペインでも、その姿勢を貫いて成り上がる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月12日のニュース