カズ、3カ月ぶり公式戦復帰へ精力的に練習 「油断ないように」仙台大のジャイキリ警戒

[ 2019年7月9日 19:21 ]

練習後、サポーターにサインする横浜FCのFW三浦知良
Photo By スポニチ

 J2横浜は9日、横浜市内で一部非公開のトレーニングを行った。10日に本拠地のニッパツ三ツ沢球技場で天皇杯2回戦の仙台大と対戦する。

 約3カ月ぶりの公式戦復帰が濃厚なFW三浦知良(52)は先頭でランニングするなど、精力的にメニューを消化。練習後には集まったサポーターに丁寧にサインをしたり、写真撮影に応じる姿もみられた。仙台大戦でゴールを決めれば、川本泰三氏(大阪ク)の持つ天皇杯の最年長得点記録(41歳105日)を更新することとなる。

 先立って3日に開催された天皇杯2回戦では札幌、湘南、名古屋のJ1勢が下位カテゴリーのチームに足下をすくわれた。カズはその例を出しながら「最初の試合は難しい。気持ちだけだと思うし、そこは油断のないように」と気を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月9日のニュース