桐蔭横浜大「自分たちのサッカー」でJ1首位相手に大健闘 FC東京サポからも拍手

[ 2019年7月3日 22:00 ]

サッカー天皇杯全日本選手権2回戦   FC東京1―0桐蔭横浜大 ( 2019年7月3日    味スタ )

FC東京に敗れた桐蔭横浜大イレブン
Photo By 共同

 J1首位を相手に健闘し、試合後には相手サポーターから歓声を浴びた。桐蔭横浜大の安武亨監督は記者会見で「大学生としてJ1でトップを走るチームと戦えたことを嬉しく思う」と最後まで走り抜いた選手を称えた。

 ただ、開始直後から押し込まれる展開が続き、シュート数はFC東京の11本に対して6本。指揮官は「大学生として最低限の戦いをできた」としつつ、「足りない部分を痛感させられた。この経験を成長につなげたい」とコメント。攻略のポイントについて問われると「相手をどうしようとはほとんど考えなかった。自分たちのサッカーをして、チーム、選手が評価されたいという思いで臨んだ」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月3日のニュース