G大阪、天皇杯讃岐戦で主力起用へ 宮本監督“取りこぼし厳禁”の構え

[ 2019年7月3日 05:00 ]

G大阪の宮本監督
Photo By スポニチ

 G大阪は3日、天皇杯2回戦・J3讃岐戦(パナスタ)を迎える。

 昨年は関学大に敗退。さらに6月26日のルヴァン杯プレーオフではJ2長崎に0―2で敗れた。宮本監督は「こないだの長崎戦でひどい試合をしているので、今回はシッカリと見せなきゃいけない。メンタルの重要性は選手に伝えている」と“取りこぼし厳禁”の構え。7日にはリーグFC東京戦が控えるとはいえ、「中3日あるので」と意に介さず、6月29日のリーグ松本戦で足を痛めたDF藤春の欠場は決定的なものの何人かの主力はスタメン起用する方針だ。「今の良い流れを生かしていきたい」と指揮官。まずは目の前の相手を倒し、首位との一戦へ加速させる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月3日のニュース