J2横浜FC、俊輔に獲得オファーへ カズ“黄金の左足”にラブコール

[ 2019年7月3日 05:30 ]

12年、松田直樹さんの追悼試合に参加した中村(左)と三浦
Photo By スポニチ

 J2横浜FCが近く磐田の元日本代表MF中村俊輔(41)に対し条件面などを含めた獲得オファーを出すことが2日、分かった。複数の関係者が明かしたもの。現在7勝5分け8敗の13位と低迷しており、来季のJ1昇格に向けた最大級の起爆剤とするべく、黄金の左足を持つ中村に白羽の矢を立てた。

 俊輔とカズ。日本サッカーをけん引してきた両雄の競演は一気に現実味を帯びる。中村にとってカズは憧れの存在、横浜FCは地元クラブ。今季出場2戦にとどまる中村にとっても絶好の新天地と言える。現在は左内転筋痛で離脱中も、順調なら今月末には復帰見込み。世界レベルの左足、卓越した技術、戦術眼は健在だ。

 カズもこれ以上ないラブコールを送る。「10番が空いてないから俺の11番をあげてもいいよ!」と代名詞すら手放しかねない勢いだ。一緒にピッチに立ったのは17年11月の練習試合が最後。カズが「技術は衰えないね」と言えば「情熱は鍛えられない、それを近くで感じられて良かった」と話した中村。2人だけの世界がある。

 移籍が実現すれば中村にカズ、松井、伊野波、南と日本代表経験者がズラリ。J2では群を抜く豪華陣容となる。移籍市場が開くのは19日以降。コンディション不良が続いたカズも先月30日の練習試合で実戦復帰、中村加入の動きに合わせるように状態を上げて来た。同じユニホームとなれば11年3月の東日本大震災チャリティーマッチ以来8年ぶり。横浜に希代の両雄が並び立つ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年7月3日のニュース