ESPNが久保建英のプレーを称賛「きらめきを見せた」

[ 2019年6月25日 14:09 ]

南米選手権1次リーグC組   日本1―1エクアドル ( 2019年6月24日    ブラジル・ベロオリゾンテ )

<コパ・アメリカ エクアドル・日本>後半、必死にドリブルで攻め込む久保(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                               
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表のMF久保建英(18)は24日(日本時間25日)、南米選手権1次リーグ・エクアドル戦に2試合ぶりとなる先発出場。最終盤のシュートがオフサイドの判定で得点とならなかったが、敵陣で積極的に攻め込むなど躍動した。チームは先制するも1―1のドローに終わり、決勝トーナメント進出を逃した。

 スポーツ専門局ESPNは久保について、「レアル・マドリーに移籍したばかりの18歳の久保選手は、断続的に彼のクラスのきらめきを見せた」と評価し、「チームが必要とした時、彼は献身的にプレーした」と称賛した。

 また、「試合終了間際後半ロスタイム50分に久保選手がゴールを決めたが、主審はオフサイドでゴールを取り消した。しかしVAR判定となり、その確認を待っている間、エクアドル人、日本人、パラグアイ人は息を止めて待っていたが、最終的に主審の決定通りにノーゴールとなった」と報道した。

 本大会はDAZNが独占中継。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月25日のニュース