初快挙に向け“救世主”だ!広島 ACL逆転8強へ青山復帰も

[ 2019年6月25日 05:30 ]

ACL決勝トーナメント1回戦第2戦   広島―鹿島 ( 2019年6月25日    Eスタ )

入念なストレッチを行う広島MF青山(中央)
Photo By スポニチ

 広島は25日、ACL決勝トーナメント1回戦第2戦をホームで鹿島と対戦する。第1戦では鹿島に0―1で敗戦。クラブ史上初のアジア8強へ向けてMF青山敏弘(33)が戦列復帰する可能性が出てきた。

 1月のアジア杯で右膝を痛めて今季1度も出場機会がない青山は、公開された冒頭15分の最終調整で軽快な動き。稲垣が出場停止、松本が南米選手権に参戦しており、城福監督は「大きな選択肢の一つです」とメンバー入りを示唆した。逆転突破となればクラブ最高成績。指揮官は「新しい歴史をつくる、そんなゲームをしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月25日のニュース