宇佐美、2度目G大阪復帰で本音「2度目もダメだったと…」 サポーターには感謝「強いガンバ届ける」

[ 2019年6月25日 18:16 ]

移籍会見で背番号33のユニホームを手にする宇佐美
Photo By スポニチ

 G大阪に完全移籍で復帰した元日本代表FW宇佐美貴史(27)が25日、吹田市内で行われた練習に合流し、その後、移籍会見に臨んだ。2度の欧州挑戦を経て、2度目の古巣復帰。ドイツではインパクトを残しきれず「2度目もダメだったというのが、清々しいぐらい自分の中である」と振り返った。

 欧州で成功するイメージを持って挑んだ中での挫折。「(自分の)価値を上げて帰ってきたかったのが本音」と明かしつつも、サポーターからはSNSなどを通じてG大阪復帰を願う声が届いていた。

 「そこ(価値を上げられなかった)の歯がゆさはありますけど、ダイレクトにも(復帰を願う声を)伝えてもらった。そこは感謝しかない。この感謝を結果で返す中で、強いガンバを(サポーターに)届けてあげられるようにしたい」

 背番号は33に決定。プロ1年目に身につけた背番号を背負い、初心に戻って育成組織から育ったクラブで再出発を図る。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月25日のニュース