神戸、ベンゲル氏監督招へいか アーセナル22季指揮の名将

[ 2019年5月26日 05:30 ]

ベンゲル氏(AP)
Photo By AP

 昨季までイングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルの監督を務めたフランスの名将、アーセン・ベンゲル氏(69)が、J1神戸の監督を務める可能性が浮上した。25日にサッカー専門サイト「GOAL.com」が報じたもので、神戸から年俸400万ユーロ(約4億8800万円)で、21年12月まで2年半契約のオファーを受けており、代理人が交渉しているという。

 ベンゲル氏は95~96年にJ1名古屋の監督を務めており、神戸監督に就任すれば23年ぶりのJ復帰となる。96年から昨年6月までアーセナルを22シーズンにわたって指揮し、プレミアリーグを3度制するなど一時代を築いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月26日のニュース