マルセイユ・ガルシア監督 今季限りで退任 酒井宏「Merci coach!!」

[ 2019年5月23日 16:10 ]

リュディ・ガルシア監督(AP)
Photo By AP

 日本代表DF酒井宏樹(29)の所属するフランス1部マルセイユを率いるリュディ・ガルシア監督(55)が、今季限りで退任することを発表した。22日の会見で「チームを離れることを決断した。このことを会長に伝え、了承された」と明かした。

 2008~13年にリール(フランス)、2013~16年にローマ(イタリア)を率いたフランス出身のガルシア監督は、2016年10月に就任。昨季は国内リーグ4位、欧州リーグ準優勝に導いたが、今季は1試合を残して国内リーグ6位と低迷し、来季の欧州チャンピオンズリーグと欧州リーグの出場権を逃した。

 酒井宏はツイッターなど自身のSNSで「この2年半、自分を信頼してくれた事をとても感謝しています。次のチームでの幸運を祈っています Merci coach!!」と指揮官へ感謝のメッセージを記した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月23日のニュース