ソウザ「最高」豪快2発 C大阪グループ1位突破!

[ 2019年5月23日 05:30 ]

ルヴァン杯1次リーグC組   C大阪2―0大分 ( 2019年5月22日    ヤンマー )

<C大阪・大分>前半、先制のFKを決め喜ぶソウザ(左下)とC大阪イレブン
Photo By 共同

ソウザの豪快な2発で、C大阪がグループ1位突破を決めた。前半6分に直接FKをねじ込むと、圧巻は後半26分だった。相手GKが前に出ているのを見逃さず、約45メートルものロングシュート。これがゴールに吸い込まれ、プレーオフステージ進出をたぐり寄せた。

 「心に残るゴールになったし、今日の夜は最高だね」と背番号11。規格外の推進力と打開力を備えながら、最近はリーグ戦での出場機会が限られていた。「(起用法は)理解できないところもあるが、リスペクトはしないといけない」。悔しさを胸の内に止め、自分の存在価値をピッチで証明した。

 FW都倉が今季絶望となった中で、今後はより攻撃的な位置で起用される可能性もある。ロティーナ監督は「リーグ戦でソウザを生かせる場所を探りながらやっている」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月23日のニュース