ACL1次L視察の森保監督「鹿島は勝負強いな」

[ 2019年5月23日 05:30 ]

アジアCL・1次リーグE組   鹿島2―1山東魯能 ( 2019年5月22日    カシマ )

<鹿島・山東魯能>視察に訪れた日本代表・森保監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本代表とU―22日本代表を兼任する森保監督が鹿島―山東魯能戦を視察。逆転した鹿島を「気持ちがチーム全体で出て、勝ちをもぎ取れた試合だった。鹿島は勝負強いなと思った」と評価した。

 これで日本勢は4チーム中3チームの16強入り。「内容的にもうまさと強さというところで日本が力を付けてきたという印象」と総括した。23日、24日には6月の親善試合、南米選手権に向けた代表発表を行う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年5月23日のニュース