長友 日本人学校を訪問「トルコという国を愛してます」

[ 2019年5月23日 05:30 ]

日本人学校の児童や生徒らと記念撮影する長友(中央)
Photo By 共同

 ガラタサライの元日本代表DF長友佑都(32)と、イスタンブールの日本人学校の児童や生徒らが交流するイベントが21日、現地で開かれた。長友は児童らの質問に数十分間答え、夢の実現のため「自信を持って」などと語り掛けた。

 イベントは日本人会の主催で、大人も含め約220人が参加。妻で女優の平愛梨がトルコでタクシーに置き忘れた携帯電話や、落とした財布が戻ってきたエピソードも紹介。「人の良さ、温かさに感動」しており「トルコという国を愛しています」と強調した。治安が悪いというイメージを変えるため、自ら発信していきたいとも語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月23日のニュース