フローニンゲン堂安 PO敗退…「助けたかった」欧州2季目終了

[ 2019年5月23日 05:30 ]

オランダ1部・欧州L予選プレーオフ準決勝第2戦   フローニンゲン1―3フィテッセ ※2戦合計3―4 ( 2019年5月21日 )

<フローニンゲン・フィテッセ>後半、競り合うフローニンゲンの堂安(左)
Photo By 共同

 フローニンゲンのMF堂安が欧州2季目を終えた。フィテッセに1―3で敗れプレーオフ敗退が決定。不発で終わったレフティーは「チームを何とかして助けたかった」と悔しがった。

 昨年9月にA代表デビューしフル回転した今季を「大きなポイントになる一年」と総括。「うまくなりたい一心で毎日練習を積んでいる。そのためのステップができたら最高」と、夏の移籍も視野に入れている。6月にはキリン杯ほか、東京五輪世代中心で臨む南米選手権も控える。東京五輪世代の中心である堂安は「選ばれたら頑張りたい」と気持ちを切り替えるように言った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月23日のニュース