ゲンク伊東「通用した」 確かな自信を手に帰国

[ 2019年5月23日 05:30 ]

ファンにサインをする伊東純也
Photo By スポニチ

 ベルギー1部ゲンクの日本代表MF伊東がシーズンを終えて帰国した。

 2月にJ2柏から期限付き移籍。13試合3得点でチームのリーグ制覇に貢献し、「監督にすぐに起用してもらえたし、優勝はうれしい」と振り返った。日本が誇る快足アタッカーにとって初の海外挑戦だった。決定力という課題は残るが、「ストロングポイントを出せたし、通用した」と確かな自信を手にした。

 23日に国際親善試合、24日に南米選手権の日本代表メンバー発表を控える。伊東は「(1月の)アジア杯では出場時間が短かったのでもっと力になりたい。少し休んで準備したい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年5月23日のニュース